武井誠 ホームページイメージロゴマーク ホーム   活動日記   活動予定   プロフィール   お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです
ホーム  > 2008年度デイリーレポ(詳細版)記事一覧  > 食品分析センターを訪問

食品分析センターを訪問

 「武井誠 市民運動デイリーレポート」の一部記事について、その詳細報告を掲載しています。このページは、2008年08月12日掲載デイリーレポート記事 "食品分析センターを訪問" の詳細報告です。

以下、元記事。

 東上線大山駅から徒歩10分足らずのところにある農民連食品分析センターを訪問しました。1996年、農民と消費者の募金によって設立された世界的にも珍しい分析施設だそうです。1996年のWTO協定加盟にあたり、不安といわれる輸入食品について科学的なデータを集めたい、また国産農産物の品質を確かめたい、そしてよりよい食生活を願う消費者に情報を届けたいと、募金が募られ、設立に至りました。
 学校給食パンのポストハーベスト農薬問題、漢方薬の残留農薬問題、割り箸のへの漂白剤使用問題などを明らかにしてきました。2000年、中国産冷凍ホウレンソウの残留農薬問題発見は食品衛生法改定のきっかけにもなりました。
 担当の八田さんにお話をうかがい、施設を見学しました。中学校社会科の教員でしたから、一応の基礎知識はあったつもりでしたが、いろいろ新しい情報もあり、大変勉強になりました。「デイリーレポ詳細版」で報告します。

食品分析センター、八田さんのお話の中で印象に残ったこと

食品分析センターを訪問

  食品分析センター、八田さんのお話を順不同で記します。

 そのほか様々な、興味深い、しかし、背筋の寒くなるようなお話をうかがった後、検査室を見学しました。

 「地産地消」の大切さを再認識させられました。