武井誠 ホームページイメージロゴマーク ホーム   活動日記   活動予定   プロフィール   お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです
ホーム  > 2008年度デイリーレポ(詳細版)記事一覧  > ビオ・ゲミューズの会講演会「食の安全と文明病」

ビオ・ゲミューズの会講演会「食の安全と文明病」

 「武井誠 市民運動デイリーレポート」の一部記事について、その詳細報告を掲載しています。このページは、2009年01月19日掲載デイリーレポート記事 "ビオ・ゲミューズの会" の詳細報告です。

以下、元記事。

 ビオ・ゲミューズの会は、露地有機農産物共同購入組織、鶴ヶ島南公民館で開催された講演会に参加してきました。テーマは「食の安全と文明病」、講師はこの会の会長である村岡亘さんでした。多くのことを学びました。「デイリーレポート詳細版」で報告します。
 村岡さんの著書「有機の世紀」を読みましたが、複合した現代社会の問題を解決していく大きなカギであると感じました。また、文明病、特にアトピーで悩んでいらっしゃる方にはぜひ読んで頂きたいと思いました。

ビオ・ゲミューズの会講演会「食の安全と文明病」

農業

1.揺らいだ食の安全

2.食の安全を守る

3.現代人の多病と文明病

原因:栄養不良。特に微量ミネラル類と各種ビタミン類の不足と欠如、繊維質不足

【以下項目のみ】

4.有機の世紀へ

書写真

結論

消費者の力を結集して、国産の有機農産物や特別栽培農産物を積極的に購入し、健康を確保しましょう。地域共同購入組織のビオ・ゲミューズの会に結集して、有機の輪を広げましょう。

参考文献「有機(オーガニック)の世紀―アトピーを生む文明への警鐘」(村岡亘著)の紹介

この書籍はネットショップで購入できます。 こちらからネットショップが開きます。