武井誠 ホームページイメージロゴマーク ホーム   活動日記   活動予定   プロフィール   お問い合わせ
小さな声が街を変える 支えあい・ともに生きる いのちを大切にする街づくり 武井誠 坂戸街づくりサイトです
ホーム  > 2009年度 坂戸市議会関連記事一覧  > 2009年9月議会 (2) 武井市政1回目の一般質問に対する執行部答弁・武井2回目の質問

2009年9月議会 (2) 武井市政1回目の一般質問に対する執行部答弁・武井2回目の質問

このページは、2009年9月議会 武井市政1回目の一般質問に対する執行部答弁・武井2回目の質問原稿を掲載します。

武井市政1回目の一般質問に対する執行部答弁(要旨)

総合政策行政

○市長答弁 (ほぼ、私とおなじ分析のあと)「今日のような財政状況になったことは、結果として、市政執行責任者としての責任を痛感するところであり、強い覚悟の上に、本市財政の早期健全化に取り組んでまいりたい。そのための計画策定に着手している。」
○基金から一般会計等への繰替え運用は、平成15年度から。17年からは斎場基金7億数千万円を一時的に繰替え運用。19年から運用期間が長期化。
○地方交付税は、ほぼ同程度(以前のレベルには戻らない)と予測。
○生活保護世帯数、4月以降の5ヶ月で60世帯88人増加。
○地域職業相談室利用者数 月平均で昨年より62%増加、就職者数は16%増加。

教育行政

○平成4年に示された「行ける学校から行きたい学校へ」という、生き方としての進路指導の方針に変わりはない。
○勤務時間調査用紙案を作成
 調査項目は
・勤務時間以外に業務を行った時間とその内容、理由
・休憩時間がとれているか
・休日の部活動時間
・その他

環境行政

○(環境課から)下水、合併浄化槽、単独浄化槽などの現状
○(農業振興課から)
・指摘される問題は農業団体から聞いている。
・管理は、各地域、団体が実施。市からは補助制度が。
・公共物管理条例及び合併浄化槽処理水放流基準に基づいて放流を認めている。

武井2回目の質問

はじめに総合政策行政について再質問します。

 たとえば、基金の繰り返え運用が、そのまま財政危機を表すものでないことは理解しています。また、生活保護世帯も個別具体的に見ていくと、様々な事例があることも承知しています。

 しかし一方、今お答えいただいた様々な数値が、市政に対して、ある信号を送っていたこと、それを見落としていたという反省は、私自身を含めてしなければならないのではないかと思います。

 緊急かつ慎重な、財政健全化計画策定が必要です。

 そこで質問ですが、いつまでに、どんな財政健全化の計画を示されるのかお伺いします。

 市役所の内外で、総論賛成、自分の関係するところの予算削減に反対ということが容易に予想される中での、厳しい作業になることは必至です。

 私は、その際、第1に財政状況を、率直に市民に公開すること。第2に、これからどういう時代になっていくのか、坂戸をどういう街にしていくのかという議論を避けて通らないこと。第3に医療、介護、福祉、子育て、雇用など命に直接かかわる事業を守ることを提言します。たとえば「コンパクトシティ」といった概念についての学習は不可欠であると思います。

 最後に1点質問ですが、不要・不急の事業、(たとえば私は、改修することそのもの是非は棚上げして、せせらぎ荘の問題は、その中に入ると考えるものですが)たとえば、そういうものについて凍結、延期、中止などをすることについて、市長のお考えをお聞きします。

教育行政については、進路指導の在り方について、しっかりした方針を示していただいたと思います。今後とも、ぜひその方針で進めていただくことを要望しておきます。

最後に環境行政について。

 今回質問を準備する中で、問題だと感じたのは、行政組織が縦割りで、総合的に対処できないのではないかという心配です。浄化槽については環境課、側溝については道路課、水路については農業振興課。市民にとっては、トータルとしての「水」の問題なのです。それぞれの部署でまじめに仕事をされていることは感じましたが、システムの問題として非効率であったり、一石二鳥、三鳥といったアイデアが出にくい状況なのではないかという懸念を感じました。

 地域の人の中からは、たとえば「この水路を『春の小川』の歌詞のような小川に再生したい。そのためにできることは協力したい。」という声も出ています。もちろん、環境、災害対策、用水、どの部分に重点を置くかは、状況によって違い、これから地域の中でも丁寧な議論が必要です。ただ、お願いしたいのは、こういう住民の意欲を大切にしていただきたい。提案を、市の窓口に持って行った時に、「これはこの課の管轄外です」という対応はしないでいただきたい。このことを強く要望しておきます。

 そこで最後に質問ですが、生態系にやさしい水路の整備についてのお考えをお聞きします。

以上を2回目の質問とします。